トップページ > 記事閲覧
1000文字でファンタジー
日時: 2009/05/26 23:33:22
名前: あきころ
参照: http://akicolon.suki-ari.net/

尊敬するケロンパさんの1000字小説に感動していたら
「1000文字小説は奥深いので挑戦してみては」とのお言葉をいただいたので、本当にやってみました。
これであきころはケロンパさんになれるでしょうか。
なれませんか。すいません。

何をトチ狂ったのか、ファンタジーで1000字小説です。
「JIN」
http://akicolon.suki-ari.net/short/jinss.html

ネットの文字カウンターで1000字ぴったりでした。
信じていいのでしょうか。

よろしければご批評などお願い致します。

(ケロンパさん、お名前出してごめんなさいー。とりあえず敬意と経緯を表わしたかったもので!)

***5/18追記***
当スレリンク先である、あきころのサイトではGENOウィルス(通称)の感染がみられないことを確認済です。
あきころはMacユーザーの為、現状、当該ウィルスについては感染しないのですが、将来的に変異が起こる可能性は0ではないので、今後もこまめにチェックして参ります。
メンテ

Page: 1 |

Re: 1000文字でファンタジー ( No.1 )
日時: 2009/05/15 23:25:31
名前: ケロンパ

あきころさん、挑戦してくださったのですね!千文字小説だぁ。
このスレに今気付き読みましたよ。では、感想など投下いたしまする。

普段、ファンタジーというものに縁が無いケロンパ。勇者、大魔王、龍…おう、これは王道ファンタジーだ!
ある意味ありがちなキャラで展開されたワンシーン。けれども、照りつける陽射し、一瞬、光を遮った龍の陰影。生きながらにして朽ちていく、おぞましいその姿がありありと目に浮かぶ丁重な描写が素晴らしいと思いました。
千文字小説って私的にはいかに文章を削り、シンプルに書き上げるかが勝負などと思っていたので、このような形で作り上げられたのは意外と思うと共に感嘆の念を隠せませんわ。千文字の中にファンタジー独特の世界観がぎゅっと凝縮されている。拍手。
勇者が大魔王と友達…その意外な展開が、物語に語られない奥深さがあり、想像力をかきたてますね。

>悪を倒せば平和が手に入るのだと、そう信じていた。
>浅はかだった。

最初、読みの浅い私めは、悪を倒したのだけれども、平和はやってこなくて、結局は怨龍が漂うような世界が続いているのかと、流れのままに思っていたのですが、違いますよね?
悪=大魔王や怨龍なんかが、世界から平和を奪っていたと思っていたけれどもそれは思い違いだった(大魔王と友達になって気付かされた)という意味ですよね?

>彼は、長い旅路の末に、友達をみつけて世界を救った。

うむ。あえてぼかしていらっしゃるのだとは思うのですが、悪からではなく何から世界を救ったのか?
気になる気になる。

いや、読み終って、これ千文字?と思ってしまいますわ。しかもぴったり千文字とは!
文字カウンターで千文字ってなった時、ケロンパはストップウォッチ10秒をぴったり押し当てたような興奮を覚えました。あきころさんも?

>ケロンパさん、お名前出してごめんなさいー

いえ、別に構わないのですが、(真っ赤)…誉めすぎですわ。でもっ、あきころさんも千文字小説にチャレンジしてくださった事だし、交流掲示板で千文字小説フェア開催を宣伝してこようかな。よっし!輪を広げるぞ(鼻息)
メンテ
Re: 1000文字でファンタジー ( No.2 )
日時: 2009/05/17 17:14:50
名前: knock
参照: http://tobira0401.web.fc2.com/index.html

第5期生のknockです。
おそらく初めましてだと思うのですが、違っていたらすみません(汗
とりあえず、ケロンパさんとあきころさんに便乗して千文字小説を書いた者です。

それで、あきころさんの作品を読んでの感想ですが、まずファンタジーで千文字に挑むのかというところで少し驚いてしまいました。
元々あまりファンタジーは読まないんですが、ファンタジーは長編であって当然といった固定概念が私の中であったもので(汗
でも、読んでみると意外に自然でまた驚かされてしまいましたね。

まず、表現の仕方が凄いなと思いました。ファンタジー以外では使うことのないような表現なので、私にはこういう発想はできないです。
ストーリー的にはまさかの魔王が友達という展開。
しかも、結構親密っぽいというのに度肝を抜かれました。
ただ、それと比べると、怨龍のくだりが不自然なまでにリアルで、全体として少し浮いてしまっているような感じを受けてしまいましたね。

でも、意外性抜群で面白かったです(笑
また、機会があれば、他の作品も読ませて頂きますね。
メンテ
Re: 1000文字でファンタジー ( No.3 )
日時: 2009/05/30 12:07:12
名前: あきころ

>ケロンパさん

感想ありがとうございます! 
そして、千文字企画まで立ち上げて下さって嬉しいです!
皆さんの千文字小説たくさん読みたいです。わくわく(^ ^)

>王道ファンタジー

普通、ファンタジーは世界観の説明をしなければいけないのですが…。
勇者だの大魔王だの龍だのといういかにもな単語を持ってくることで、読み手の「一般に持っているファンタジー世界のイメージ」を引っ張り出して世界観の説明そのものを省いてしまったという、卑怯……もとい小粋な作戦をとりました(笑)
逆にこの設定で長編を書くのは無理な気がします^^

>いかに文章を削り、シンプルに書き上げるかが勝負などと思っていたので

起承転結を追いつつシンプルに書く、というやり方で面白くまとめられる自信が全くなかったので、長いストーリーの中の一部を切り取ったような話にしてみました。
キーワードは単純な言葉ばかりなので、意味不明感はだいぶ回避できてる(と、いいな)と思いますので↓

>物語に語られない奥深さがあり、想像力をかきたてますね

あとはこうした読み手の方の想像力にお任せしちゃっております。
手抜き違うよ!^^;

実は大昔のお蔵入りネタを引っ張り出して1000文字小説としてアレンジした作品なので、結構細かい設定とか、ジンやノアのキャラデザインとかちゃんとあるんですが、いろいろ書きたいことはグッとこらえて、読者様に委ねてみました。
こちらが決めてても、何が正解、としないほうが短編は楽しいような気がするので。
でも意味不明とか、よくわからないで混乱、とかにはならないようにしなければですね……!

>しかもぴったり千文字とは!

Σ別ツール(?)で確認してみたら、956文字とか表示されやがりました。
どれが正解なのか、今イチわかりません(誤差がカウンターの仕様なのか、私のPCがMacだからなのかは不明)
まあでも、ひとつのカウンターで1000文字目指して書いたので、とりあえず良しとします;
(皆さん、文字数調べるのに、何を使ってらっしゃいますかー?)

>輪を広げるぞ

久々の企画! 同盟に活気が出るといいですね!
応援しております。私もまた1000文字、再トライしてみたいです。

書き込みありがとうございました!
メンテ
Re: 1000文字でファンタジー ( No.4 )
日時: 2009/05/30 12:33:27
名前: あきころ

>knockさん

直接のやりとりは初めまして……だとは思うのですが、同盟内でよくお名前を拝見しているので、初めましてな感じが全くいたしません。一方通行切ない(笑)

>ファンタジーで千文字に挑む

この点に関しては、ケロンパさんへのレスで書いたような手法をとることで何とかまとめてみたのですが、

>読んでみると意外に自然で
>意外性抜群で面白かった

このように言って頂けて、すごく安心しました……!
とにかく短編は難しいという頭があるので、ネタ出しにしても文章を書くにしても、常にいっぱいいっぱいです。
knockさんに面白いと評価していただけて、とっても嬉しいです^^

>怨龍のくだりが不自然なまでにリアルで、全体として少し浮いてしまっている

前半では緊張感も出したいところがあったのですが、全体的なバランスとしては失敗しておりましたでしょうか?
短編で一部だけ落差が激しいと、不自然に目立ってしまうんですね。
次作品では、そういうところにも気を配って書いていきたいと思います!
ご指摘ありがとうございました!

貴重なご意見、本当にありがとうございましたー^^
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存