トップページ > 記事閲覧
春、サクラ
日時: 2008/10/18 09:27:36
名前: 千里
参照: http://m-pe.tv/u/page.php?uid=dreamnight&id=1

こんにちは千里です。
今サイト休止中ですが、受験の息抜きとして書いた小説を投稿してみたいと思います。

突拍子のない、ふと思いついた作品です。


─題名─
春、サクラ

─長さ─
短編です。とっても短めの。

─ジャンル─
シリアス?んー、何だろう…

─アドレス─
http://feeling.ame-zaiku.com/Novel-sakura.html

感想とか、待ってます。
よろしくお願いします!!
メンテ

Page: 1 |

拝読しました。 ( No.1 )
日時: 2008/09/15 20:12:39
名前: ケロンパ

千里さん、受験勉強お疲れ様です。
拝読しましたので、感想など、足跡を残してまいりますね。
ラストの窓の外に桜を見つけた時の情景が生き生きとしていました。
ここの部分、盛り上がっていて情景も目に浮かぶようです。なので、もっとこのキーワード「さくら」を生かせるように途中途中に織り交ぜていったら、より際立つのではないでしょうか?
冒頭の部分に、風に流され窓から入ってきた桜の花びらをひとつ、手にとってみるとか、それをきっかけに彼女の回想シーンに入っていくとか、彼女に好きだと告白したシーンをお花見の場面にするとか…
死をおぼろげに意識する今、忘れたくないものが愛する彼女「さくら」だという事を、読む読者に深く伝わるように、その印象をもっと浮き立たせれば、ラストの桜がより艶やかに映えるのではと思いました。

メンテ
Re: 春、サクラ ( No.2 )
日時: 2008/09/23 13:02:25
名前: 谷地田ヴァル

主人公の死を暗示させるエンディング、切ないですね。
”死”を巡る主題は難しいです。それだけで重くて説得力があるものだから、うまく活かすのはけっこう技がいります。
安易にお涙ちょうだいモードに転ばないのが好感持てました。彼女に病気のことを伝えずに去る、という潔い、やさしい決断。
でも、そうしてまで守ってもらえる価値があるほど魅力のある女性なのかな、とちょっと思いました。このままだと、純真なだけで、わがままで薄情な女の子、という印象です。”さくら”は重要なモチーフなので、もう少しヒロインの造形をふくらませてもよかったかもしれません。
メンテ
Re: 春、サクラ ( No.3 )
日時: 2008/10/17 21:50:28
名前: 千里

>ケロンパさん

最後の所は自分でも気に入っているので、嬉しい乖離です。
アドバイスありがとうございます!!
早速織り込んでみますね!

>谷地田ヴァルさん

そうなんですよね、結構難しい題だと想います。
ヒロインにつては先ほど私も読み直してみてそんな感じに思いました。
コメント、どうもありがとうございます!!


参考に、これからこのお話を修正したいと思います!
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存