トップページ > 記事閲覧
1000文字小説
日時: 2009/06/16 18:59:03
名前: yagi
参照: http://yagi.moo.jp/

やってみました1000文字小説。
ファンタジーで、私自身、初のラブストーリー(?)

http://yagi.moo.jp/novel/tanpen/1000.html

微妙にラブになってないような気もします。
よかったら読んでやってください。
メンテ

Page: 1 |

Re: 1000文字小説 ( No.1 )
日時: 2009/06/25 15:43:20
名前: knock
参照: http://tobira0401.web.fc2.com/index.html

思わず武道家の気持ちになってしまった、第五期生のknockです。
何だか見てはいけないものを見てしまった感があるこの作品は、もう大声を出しながら走り出したい衝動に駆られてしまいました(笑

全体的にはラブストーリーになっていますが、最後のところで完全にコメディ色の方が強く出ているような気がします。
しつこいくらいのイチャイチャの後のあの呟き。
まぁ、だからこそいいわけですが、武道家が何とも居た堪れないですね(汗
文章的に言えば、全く問題はないと思います。
制限を感じさせないスムーズさとテンポ。
ある意味、こういう作品が1000文字小説には合ってるのかもしれないですね。

かなり楽しい気分になれました!
ちなみに、私が武道家なら迷わず一人旅に出ると思います(笑

それでは、失礼しました。
メンテ
Re: 1000文字小説 ( No.2 )
日時: 2009/06/26 20:41:46
名前: yagi
参照: http://yagi.moo.jp

knockさん、コメントありがとうございます〜!
なんかもっとシリアスで深い内容にしようかとか思ってたんですけど、武道家が書きたくてこんなんになりました。
皆さんの1000文字小説でギャグがなかったので、無いジャンルでやってみたかったってのもあります。
楽しい気分になってもらえて嬉しいです^^

制限を感じさせないってことですが、実は最後の「僧侶の攻撃!〜というとこから先に書いたんです。
終わりをまとめるのに字を削りたくなかったので、ラストから書いてみたら、意外とまとまりよく書けました。

ちなみに、本来は4人パーティーで、女魔法使いが武道家のペアだったんだけど、別パーティーの賢者に惚れて出てってしまった後、などというどうでもいい設定も考えましたw
knockさんが誘ってくれたので参加しましたが、私も楽しんで書けました。ありがとうございます^^
メンテ
Re: 1000文字小説 ( No.3 )
日時: 2009/06/29 00:42:07
名前: 紅葉ひろ

あま〜い☆お話ですねv
なんていうか、ほんと武道家お疲れ様!な感じです(笑)
切ないです、武道家w
勇者一行の安息の夜(?)を覗いた気分です♪

って、たいした感想じゃなくってすみません;
楽しかったですv
では^^
メンテ
Re: 1000文字小説 ( No.4 )
日時: 2009/07/09 07:56:01
名前: yagi

紅葉さん、感想ありがとうございますー!
そして遅レスほんとにすみません(汗)

武道家を慰労してくださって、ありがとうございます(笑)
ギャグで締めたので、楽しいって言ってもらえてすごく嬉しいです!

紅葉さんの小説も拝見しました!!
後日感想書きに行きます!
読んでいただいてありがとうございました〜^^
メンテ
Re: 1000文字小説 ( No.5 )
日時: 2009/07/13 03:39:42
名前: 谷地田ヴァル

24242828。
武道家が実は主人公ですね? なぜならみんな彼に感情移入している。そして武道家の冒険は始まった……みたいな。あ、するとラブストーリーではない? むしろ青春もの?
テンポよく楽しい掌編ですね。
メンテ
Re: 1000文字小説 ( No.6 )
日時: 2010/12/15 21:51:20
名前: ケロンパ

いやいや、素直にニヤついてしまいました。
え?千文字?本当に千文字?
ドラマチックだったです。この手のゲームの舞台背景があるこそ、余分な説明を大幅に省けてはいるのですが、そこを上手く利用して詰め込んでいる。しかも最後にもう一人登場するのが良かった。やはり短いだけにこういう意外性って大切ですわね。

『座布団一枚!』といいたくなるような満足感。
いやいや…千文字小説奥深いですわ。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存