トップページ > 記事閲覧
ゆっくりと歩こう
日時: 2008/04/01 23:49:52
名前: 夢蜻蛉
参照: http://yumekagerou2008.blog47.fc2.com/

ゆっくりと歩こう
http://ncode.syosetu.com/n9209d/novel.html

長編かな。初めてネット小説というものを上げてみました。400字詰めの原稿用紙に換算したら300枚くらい?ラノベ調。

プロローグ、起承転結の四章、エピローグという形式です。

粗筋

女子高生喜多沢ひかりが出会った不思議な事件。それは友人が受け取った死者からのチャットメッセージだった。現代版怪奇譚の一作目です。
メンテ

Page: 1 |

Re: ゆっくりと歩こう ( No.1 )
日時: 2008/04/04 00:59:03
名前: ケロンパ
参照: http://www001.upp.so-net.ne.jp/bolifushi/syousetu-menu.html

大作でしたね〜ボリュームありました。
これだけの執筆量、後半になるにつれ文章が書き慣れたてきて、表現豊かに筆力が上がってきているのを感じました。
ただの被害者だと思っていた椎子がどんどん裏の顔を見せていくあたり、意外性があり面白かったです。
皆が心の底に少なからず持っている闇。それが絡まり合いながらさらけ出され、絆が生まれていく。
学園物ならではの青春的な雰囲気も匂わせ、最後はハッピーエンドで胸を撫で下ろしました。

これは多分、私の読解力が至らないせいもあるのだと思うのですが、視点が変わるたび誰の視点かのフセンがあるのですが、結構コロコロと変わるので少し混乱しました。あと、エピローグが正直、少し難解でした。
ええ、わかる方には何も難しい事はないかもしれないのですが…すすすみません!

ひかりの片思いがチクッと切なかったなぁ
宏樹の腕の中で子供のように泣くひかりに、もうちょっと心ざわめいて欲しかった(勝手な希望です 汗)
>「いや、俺は信じる」
あぁ、でもこのひと言に、恋愛感情ではなくても深い
宏樹のひかりに対する思いが込められているのですよね。
個性豊かなキャラ達。特にちひろが気に入りました。
何事にも動じず、いつもマイペース。羨ましいなぁ

あまり、参考になる感想ではなくって恐縮です。
メンテ
Re: ゆっくりと歩こう ( No.2 )
日時: 2008/04/04 21:37:15
名前: 夢蜻蛉
参照: http://yumekagerou2008.blog47.fc2.com/

夢蜻蛉です。

もう読んでいただけたのですね。どうもありがとうございます。

>>大作でしたね〜ボリュームありました。
これだけの執筆量、後半になるにつれ文章が書き慣れたてきて、表現豊かに筆力が上がってきているのを感じました。

ええ、なにぶん10年以上の執筆ブランクがあるので、最初はかなり苦労しました。まぁ、話の最初というものはゼロから始まるわけで、得てして苦労するものですが、とりあえず有希子が出てくるまでが苦しかった(笑)

>>これは多分、私の読解力が至らないせいもあるのだと思うのですが、視点が変わるたび誰の視点かのフセンがあるのですが、結構コロコロと変わるので少し混乱しました。あと、エピローグが正直、少し難解でした。
ええ、わかる方には何も難しい事はないかもしれないのですが…すすすみません!

うーん、やっぱり視点移動にまだ難があるようですね;ちょっと考えないと・・・すみません。

あと孝之と有希子の会話は殆ど素で語ってました(笑)
だけどもう少しわかりやすく書く必要があるかもしれませんね。確かに難しいかも;

>宏樹の腕の中で子供のように泣くひかりに、もうちょっと心ざわめいて欲しかった(勝手な希望です 汗)

いや、次でもっと苦しむから、今回はあの辺で(おい

>個性豊かなキャラ達。特にちひろが気に入りました。

ちひろは結構自由に書けるようでいて難しい子です;まぁ、美月ほど複雑でないので書き直しは少なかったけど、やっぱり、ひー坊との絡みがメインになっちゃいますね。さて、これをどう解体していくか;

次はクリスマスイブから始まる話の予定です。

『手をとって進もう』(仮)

さて、いつ出来るやらw
メンテ
Re: ゆっくりと歩こう ( No.3 )
日時: 2008/04/11 19:06:49
名前: 谷地田ヴァル
参照: http://kamikakushi.jugem.jp/

けっこうなヴォリュームがあったのに一気に読んでしまいました。
年のせいか、最近の元気なアニメやラノベの記号論というかテンションについていけないところがあり、本作でも慣れるのに時間がかかりました。次第にそういう表面的なハシャギっぷりに惑わされずに、お話の本筋に魅せられてしまいました。

たくさんの登場人物が出てくるにもかかわらず、誰のこともおろそかにせず、非常にまっすぐで真摯なストーリー。
姪たちに読ませたい。悩んでいるとき、読んで元気になって欲しい、と思いました。
実は今の自分の作品も、姪たちへのエールのつもりで書き出したのですが、自分の妄想ばかり表面に出てきて少年少女へのメッセージとしては適切ではないなあ、と反省した次第です。
メンテ
Re: ゆっくりと歩こう ( No.4 )
日時: 2008/04/11 21:20:11
名前: 夢蜻蛉
参照: http://yumekagerou2008.blog47.fc2.com/

夢蜻蛉です。

>姪たちに読ませたい。悩んでいるとき、読んで元気になって欲しい、と思いました。

有難うございます。一番嬉しい言葉です。また、年配の方にそう言ってもらえるととても励みになります。

この作品は私にとってもかなりのチャレンジでした。自分の文体というものを完全に解体して作り変えたような印象があります。実はかなり苦しかった。

だから有希子はオアシスなんです(笑)

閉塞気味の社会の中で、そして早い時間の流れの中で働きながら日々感じた違和感。そして様々な先達から受け取った言葉を受け、一体自分に何を伝えられるのかと考えた結果、10年以上置いていた筆を再びとってみることに決めました。

世代間の断絶、そして歴史とのつながりのなさ、それは言うほど大きなものではないのではないかと考えています。その為にも自分も、もっと降りていかなくてはならないなぁと…

まぁこれ以上語っても仕方ないので、後は登場人物たちに語らせます。全く言うことを聞いてくれない困ったちゃんたちですが、何とか書き上げてあげたい。

まぁ、ゆっくりとがんばります(笑)
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存